南三陸deお買い物は、海産物、加工品、スイーツ、
雑貨等の通販・ギフトのお店です。南三陸の特産品
を活用した催事やイベント等のご相談も承ります。

店長紹介・日記

デデデの店長 南三陸dededeの日記はこちら

お得な情報お届け!

メルマガ登録

営業日カレンダー

2017年 03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2017年 04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

店長のつぶやき

 

南三陸とモアイの関わり

はじめに

2013年5月25日、遥遠くチリ共和国のイースター島より南三陸町に本物モアイ像が贈呈されました。
このモアイ像は、イースター島の石を削り出し、地元の職人が丁寧に作り上げたもので、贈呈の際には精霊を込めるという想いより、目が付けられました。イースター島より本物のモアイ像が贈られるのは世界で初めての出来事であり、さらに目がついているものは世界で2体しかありません。

もともとモアイには「未来に生きる」という意味がありますが、贈呈以来、南三陸町を、その力強い眼差しで見守っています。現在、年中多くの観光客がモアイ像を訪れ、記念撮影を撮るなど町の主な観光・ご利益スポットとしても活躍中です。

南三陸町とモアイの関わり

南三陸町とチリは、約17,000キロメートルの距離を越え、長年友好関係を深めてきました。
そのきっかけは1960年5月24日未明に、遠い遠い海の向こうから押し寄せて来たチリ地震津波が始まりです。 旧志津川町内だけで、41名が犠牲となり、312戸の家屋が流失、倒壊653戸、半壊364戸、浸水566戸の壊滅的な被害を受けました。
この津波の記憶を未来に伝えようと、30年後の1990年にチリから国鳥コンドルの碑が贈られました。 さらに、1991年には南三陸町がふるさと創生事業の一環として、チリ人彫刻家に依頼して創ったイースター島のモアイが像、志津川地区の松原公園に設置されました。

しかし、2011年の東日本大震災で、公園は大きな被害を受け、モアイ像は流失してしまいます。幸いにも震災からしばらくして、流出したモアイ像の頭部だけは発見され、志津川高校の敷地内に移設されることになりました。

モアイ像流出を知った日智経済委員会チリ国内委員会では、新たなモアイ像を南三陸町に贈ろうと、イースター島の長老会に協力を求めました。その際、93歳の老彫刻家マヌエル・トゥキ氏は、皆にこう呼びかけました。「海に破壊された日本の町に、人々が再びそこで生きていきたいと思えるようなマナ ( 霊力 ) を与えるモアイを、贈れないのか?私は息子とともに、日本の人たちが必要としているモアイを彫る!」
長老会は大きな拍手で包まれたそうです。

イースター島の石を使い彫られたモアイ像が、島外に出たことはいまだ一度も例がありません。
しかし、かつてイースター島で倒れてバラバラになっていたモアイ像を、日本人がもとの姿に建て直す支援をしたことがあったことから、 イースター島初、いや世界初のプロジェクトが始まりました。

こうして息子のベネディクト・トゥキ氏は、石材を切り出して、親戚の彫刻家たちとともにモアイ像の制作に取り掛かりました。そして、完成したモアイ像が贈呈される時、南三陸町を訪れたトゥキ氏は、最後に設置されたモアイに白珊瑚と黒曜石で作られた眼を入れました。
※眼が入ったモアイは、世界に2体しかありません。

モアイ像贈呈記念式典 モアイ像贈呈記念式典

南三陸町を訪れ、津波の惨禍を目の当たりにしたトゥキ氏の目に涙があふれました。
「眼を入れるとマナ ( 霊力がモアイに宿る。南三陸の悲しみを取り払い復興を見守る存在になることを願っている。」とトゥキ氏は述べます。

チリも南三陸町も、豊かな海から糧を得、その恩恵に人々は畏怖と感謝を込め生活してきました。そして、長い歴史の中で、いとも簡単に人間の命や暮らしを奪う海の恐ろしさを熟知しています。
地震を感じなくても、津波は地球の反対側から襲ってくることがあります。
双方の地は長い時間の中で大自然の災禍を体験し、人間がどう自然と共生すべきかを学んできました。そして、どんな困難にぶつかったとしても、勇気を持って立ち向かう心意気を勝ちとってきたのです。

「モアイ」は、イースター島のラパヌイ語で「未来に生きる」という意味です。
門外不出の大切なものを贈ってくれたチリ共和国とイースター島の人たち、そして高さ3メートル重さ2トンの巨大な像を、はるかな島から運び設置するために力を尽くしてくれた企業や多くの人たちの気持ちが、
南三陸のモアイには込められているのです。
両国の絆を結ぶモアイ像は、これから遠い未来まで、未来に生きる南三陸町の人々を勇気づけ、見守り続けてくれることでしょう。

モアイ像贈呈記念式典

  • お支払方法

    お支払方法

    他、コンビニ決済(*ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、サークルK、サンクス、セイコーマート)、Paypal決済のご利用が可能です。

    お客様の大切なクレジットカード情報は、全てSSL通信により暗号化されており第三者に漏れることはありません。

    お支払いについての詳細

    熨斗・ギフト包装について

    • 熨斗をご希望のお客様には、熨斗をお付けいたします。ご注文時の備考欄にご記入ください。その他のギフト包装なども承っております。
      ご要望がありましたら、同じく備考欄にご記入ください。

    • 当店では、「想いを届ける」ことを大切にしており、オリジナルのメッセージカードを無料で作成するサービスを行っております。

    熨斗・ギフト包装の詳細

    個人情報保護ポリシー

    伊藤が店長生命にかけ堅守いたします

    大切なお客様の個人情報(お名前・ご住所・メールアドレス等)を発送等の業務以外に流用いたしません。
    また、ご希望されないお客様へダイレクトメールを送るような迷惑行為や、大切な個人情報を第三者にもらうような行為はいたしません。

    個人情報保護ポリシーについての詳細
  • 送料について

    送料について

    同時発送や、複数個所発送などイレギュラーなご要望にもできるだけお答えいたします。お電話にてご相談下さい⇒090-6182-2882(伊藤)

    送料についての詳細

    配送・発送について

    クロネコヤマトの宅急便にてお届けいたします。
    ※一部メール便

    配送・発送について
    グッズ等の非食品
    ⇒(在庫がある場合)最短で即日発送。取り寄せの場合、通常、4営業日以内に発送いたします。
    生鮮やお菓子等の食品
    ⇒通常、4営業日以内に発送いたします。

    銀行振込の場合は、ご入金確認後の発送となりますのでお気をつけください。 生鮮品については、天候により発送が送れる場合があります。

    配送についての詳細
  • ご注文・お問い合わせについて

    • インターネット・メールでのご注文・お問い合わせは、年中無休24時間お受けしております。
      お電話でのご注文・ご相談・お問い合わせは午前10時〜午後20時までお受けいたします。

      ご注文についての詳細
    • 店長伊藤への直通ダイヤル

      ☎090-6182-2882

      午前10時〜午前20時 365日対応!
      やむなく電話に出れない場合でも、可能な限りすぐに折り返しご連絡差し上げます!
      なお夜間20時以降の受信は、翌日午前中に折り返します。

      お客様対応メールアドレス

      info@odette-shop.com
    • Faxからのご注文もお受けいたします!

      FAX:0226-36-3476
      Fax注文用紙はこちら(PDF)
      Fax注文用紙はこちら(Word)

    返品・交換について

    商品到着後7日以内までの返品・交換を受け付けいたします。

    それ以上経過した商品の返品はできかねますのでご注意下さい。
    不良品やご注文内容と異なる商品が届いた場合、配送中の事故等でキズや破損が生じた場合、送料無料にて返品・交換させていただきます。
    お客様都合の返品・交換に関しましては送料をご負担頂くこととなります。

    返品・交換についての詳細
南三陸deお買い物
www.odette-shop.com
店長:伊藤 孝浩
〒988-0467
宮城県本吉郡南三陸町歌津皿貝43-15
TEL:090-6182-2882 / FAX:0226-36-3476
MAIL:info@odette-shop.com
↑ページトップへ